症状別による対策と予防 黒にんにく卵黄油サプリは太陽卵美健

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土日・定休日)

役立つ!健康コラム

店長からのお知らせや役立つ情報などをお届け!

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

日差しもポカポカ暖かくなり、花が咲いて気分も華やぐ春。
気分もよくなって、新しいことを始めたくなりますよね。

ところが意外と、春は体調不良に悩まされる人が多い季節。
おでかけや新しいことを楽しむためにも、
春の健康管理をしっかりと心がけたいものですね。

そこで今回は、皆さんが春の体調不良に悩まないために、
春の健康管理について、基礎知識や対策をお伝えいたします。
何かと忙しいこの時期を、楽しく元気に過ごしましょう♪

意外と多い!「春の体調不良」の代表的な症状は

まず、春の体調不良とはどのようなものなのか、
春の体調不良の代表的な症状をチェックしてみましょう。

・何となくダルくて、身体が重く感じる
・疲れやすく、休息をとっても疲れがとれない
・十分な睡眠をとっているのに、日中眠くなる
・ちょっとしたことでも、妙にイライラする
・花粉症で、鼻水やくしゃみが止まらない

マスクと鼻水の女性

陽気に包まれて、元気に過ごせそうなイメージがある春。
ところが、意外と春の体調に悩む人は多いものです。

新年度をすっきりとした身体と心で迎えるためにも、
春の体調不良の原因や改善策を知っておきましょう。

春の時期によく体調不良になってしまう原因とは

春の体調不良が起こるのは、主に3つの原因があります。

1)気温・気圧・日照時間の気象変化によるもの

▼気温
春は、寒暖の差が激しい季節。汗ばむような陽気かと思うと、
冬のような寒さが戻ってくるなど、三寒四温を繰り返します。
寒暖の差は身体にストレスをかけ、自律神経も乱れがちに。
その結果、全身の血めぐりが悪くなり、プチ不調が増えるのです。

▼気圧
自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあり、
お互いに対照的な働きをして、身体の調子を整えています。
ところが気圧の変化が激しいと、うまく切り替わらないように。
その結果、「なんとなく調子が悪い」という状態になるんですね。

▼日照時間
春なると、日照時間がぐっと長くなりますね。すると、
これまで冬時間だった体内時計が乱れて、熟睡できない人も。
不眠症のような状態になり、眠っても疲れがとれなくなります。     
また紫外線の量が増えるので、疲労感が出るようですよ。

2)ビタミン類の不足によるもの

ポカポカと心地いい春になると、体内の活動が盛んになります。
エネルギー源となる糖質の代謝には、ビタミンB1をはじめとした
ビタミン類が大量に必要になります。
意識して摂らないとビタミン不足になり、春の体調不良につながります。

3)生活環境の変化によるストレス

春は、進学・就職・転勤などで生活環境が変わります。
慣れない土地での生活への不安、対人関係でのストレスの他、
環境の変化によるストレスも、身体に思わぬ負担をかけています。

……いかがですか?春の体調不良の原因をお伝えしましたが、
「思い当たる内容がある!」という方も多いのでは?
それでは次に、春の健康管理のための対策を説明しましょう。

もう悩まない!手軽な「春の健康管理」の対策法

春を元気に過ごすために、春の健康管理法を3つ紹介します!

1)身体を冷やさない!にんにくなどの「温め食材」を♪

自律神経が乱れると、身体が冷えてしまいがちです。
身体を温めてくれる食材を、意識的に摂るようにしましょう。

白にんにく

にんにくやネギ、生姜などの「温め食材」を使うといいですね。
肉なら鶏、魚なら特に、サバやブリがおすすめです。
味噌も身体を温めてくれるので、生姜やネギたっぷりの、
サバの味噌煮だと、お手軽で良さそうです♪

またビタミン類を多く含む、豚肉・黄緑野菜・豆類も食べて、
バランスのとれた食事をしてくださいね。

2)メリハリが大事!「規則正しい生活」を心がけよう

体内時計の乱れを整えるには、メリハリをつけることが大切。

眠る前に、スマホやテレビの画面を見続けていませんか?
仕事も遊びもめいっぱい頑張ったら、お風呂で疲れをとって、
照明を落とした部屋で、さっと眠るようにしましょう。

ただし、眠りすぎはNG!体内時計をさらに狂わせます。
睡眠の質を改善すれば、「ダラダラ睡眠」は必要ないですよ!

3)簡単ストレッチでOK!「適度な運動」を習慣化しよう

適度な運動は筋肉の活動を強化し、血流を安定させてくれます。
また、汗をかくことで、リフレッシュ感やリラックス効果なども。
心が落ち着き、ストレスの発散にもつながります。
室内でもできる簡単なストレッチを見つけて、毎日続けましょう。

身体を温めるにんにく入り!にんにく卵黄もぜひ

本格的な春まで、あと少し。ポカポカ陽気が待ち遠しいですね。

今回紹介した春の健康管理法を生活にうまく取り入れて、
元気に過ごせる春を迎えてくださいね。

温め食材「にんにく」が入ったにんにく卵黄サプリメントも
もちろん春の健康管理にはバッチリですよ!
自律神経を整えるといわれる卵黄油との相乗効果で、
きっと春の体調不良の悩みを解決してくれるはずです。

何事も早めの対策が肝心!まずはぜひ、お試しサンプルから♪
皆さんが今年の春を、元気いっぱいで過ごせますように!

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
画像をクリックしていただくと、太陽卵美健のショッピングサイトに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

緊張しているわけでもなく、激しい運動をしたわけでもないのに、
突然心拍が乱れたり、息苦しくなったりしたことはありませんか?

動悸・息切れが起こるときは、さまざまな原因が考えられます。
主な原因を知った上で、対処法や予防法を理解しましょう!

動悸と息切れって、どんな症状?

まずは、動悸と息切れ、それぞれの症状を見てみましょう。

私たちの体内では心臓が24時間365日、動き続けてくれています。
でも、健康な状態であれば、心臓の動きを感じることはありません。
にも関わらず、鼓動が早くなってバクバクしたり、ドキっとしたり、
心臓がいつもと違う拍動を不快に感知することを「動悸」と呼びます。

一方の「息切れ」とは、息が苦しくなり、ハーハーする状態のこと。
急に走ったときや階段を上がった時などに、起こることが多いですね。

動悸・息切れ

緊張すれば動悸がしますし、激しく身体を動かせば息切れもします。
このように、日常生活の中でも起こりうる動悸・息切れですが、
原因に病気が隠れている場合があるので、注意が必要です。

動悸・息切れに胸痛が伴う時は、狭心症や心筋梗塞のおそれも。
このような時は、なるべく早く医者に診てもらうことが先決です。

何とかしたい!動悸・息切れを引き起こす主な原因

では、動悸・息切れにはどんな原因があるのでしょう?

原因1:ストレス過多による「自律神経失調症」

動悸・息切れを引き起こす主な原因の一つが、自律神経失調症です。
忙しい現代社会では、ストレス過多の状態になっている人が大勢います。
ストレスを受けると交感神経が反応。過剰に働く状態が続いてしまいます。

交感神経が優位になると、筋肉をぎゅっと引き締めるため、
筋肉の中を流れる血管も圧迫してしまい、細くなってしまった血管に、
血液を流そうとして、心臓は強い圧力で血液を送り出そうと頑張ります。

その結果、心臓に必要以上の負担がかかって、動悸が起きるんですね。

また、交感神経が優位になると、呼吸に関わる筋肉・横隔膜も硬くなるため、
スムーズに呼吸することができず、息切れにつながってしまうというわけです。

原因2:40~50代の女性に多い「更年期障害」

もう一つ、動悸・息切れの原因として多いのが「更年期障害」です。
個人差はありますが、女性は40代頃になると卵巣機能が衰え始め、
女性ホルモンである「エストロゲン」が急激に減少し始めます。

エストロゲン分泌の指令を出しているのが、脳内の視床下部という場所。
実は視床下部は、自律神経のコントロールを行う場所でもあります。

そのため、エストロゲンの分泌が減ることで視床下部が混乱を起こし、
影響は自律神経にも及ぶことに。自立神経は心臓の動きを調整するため、
その結果として、動悸・息切れが起きてしまうことになるのです。

原因3:妊娠による「貧血や血管の圧迫」

妊娠中も、動悸・息切れが起こりやすいってご存じでしたか?
妊娠すると、胎内の赤ちゃんに大量の血液を送るようになります。
ところが、赤血球の数はさほど増えないため、貧血状態に。
結果、動悸や息切れが起こりやすくなってしまいます。

妊娠後期になると子宮がずいぶん大きくなり、横隔膜を押し上げます。
さらに、その上にある肺や心臓もぐっと押し上げられてしまい、
動悸や息切れの原因になるというわけです。

約半数の妊婦さんが、動悸・息切れを経験すると言われていますが、
気になることがあれば、早めにかかりつけの医師に相談してくださいね。

覚えておこう!動悸・息切れが起こったときの対処法

動悸・息切れの症状が出た時の対処法として、ぜひ知っておきたいのが、
「しっかり深呼吸する」ということ。特に「吐く」ことに集中しましょう。

動悸や息切れがあるときには、つい息をたくさん吸おうとしてしまいがち。
でも、実は本当に重要なのは「吐く」ということ。なぜなら息をしっかり吐けば、
吸うことを意識しなくても、息は自然と入ってくるから。ぜひ覚えておきましょう。

動悸・息切れを予防するために意識したいのが、「自律神経」です。
更年期障害も自律神経失調症も、自律神経の乱れから引き起こされるもの。
自律神経の健康を保つことが、結果的に動悸・息切れの予防になりそうですね。

そこで、役立てていただきたいのが、黒にんにく卵黄油なんです!

太陽卵卵黄油黒にんにく

動悸・息切れの予防にオススメ!自律神経の乱れを整えよう!

理由1:にんにくの有効成分・アリシンが、エネルギーをつくる!

にんにくに含まれる成分・アリシンは、ビタミンB1と結合することで、
体内のエネルギー産生を促進する成分・アリチアミンに変化します。

自律神経が働くにはエネルギーが必要。十分な供給がなければ、
本来の能力を発揮できず、調子が悪くなってしまうのです。

そこで、力を発揮するのが、エネルギーを生み出すアリチアミン!
アリチアミンを保つことで、必要なエネルギーが十分つくられ、
自律神経がスムーズに働くことができるようになります。

理由2:卵黄油に含まれる卵黄コリンで、情報伝達がスムーズに!

情報伝達の際には、「アセチルコリン」という成分が活躍しています。
情報の運び屋でもあるアセチルコリンが、血液中に多く含まれていると、
自律神経のバランスもうまく保たれ、情報がスムーズに伝達されます。

ところが、過剰なストレスがかかると、アセチルコリンが大量に消費され、
自律神経のバランスが乱れてしまうので、注意が必要です。

そこで役に立つのが、卵黄油に含まれている「卵黄コリン」!
卵黄コリンは、アセチルコリンの材料です。卵黄油を摂ることで、
アセチルコリンが十分つくられ、自律神経の働きを活発にしてくれます。

自律神経失調症や更年期障害による動悸・息切れに悩まないためにも、
毎日の黒にんにく卵黄油で、自律神経を整えてあげてくださいね。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
画像をクリックしていただくと、太陽卵美健のショッピングサイトに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

ここ最近、朝晩はめっきり涼しくなりましたね。
「夏バテの季節も終わり!これからは快適に過ごせる」
と喜んでおられる方も多いのではないでしょうか?

確かに涼しくなると、ずいぶんと体も楽になりますよね。
でも実は、夏から秋の今の時期こそ、油断禁物なんですよ。

先日タクシーに乗ったときも、
運転手さんがこうおっしゃっていました。
「季節の変わり目は、救急車を多く見かけますよ」と。

中高齢者になると、高血圧や心筋梗塞、
脳卒中などで倒れてしまうリスクが高まります。
特に夏から秋の季節の代わり目に急増するんですよ。

また、そこまで大きなトラブルではなくても、
ちょっとした秋の体調不良もよく聞きますよね。

そんな秋の時期に体調不良などが増える原因、
それはずばり、主に「気温の変化」にあるんです。

病院に駆け込むうさぎ

気温が急激に変化すると、
自律神経にストレスがかかってしまうため、
免疫力や抵抗力が下がります。

その結果、風邪などの体調不良になったり、
自律神経失調症になったりしてしまうんですね。

風邪を引くと、くしゃみや鼻水など、
比較的分かりやすい症状が出てきますが、
自律神経失調症となるとちょっと複雑です。

体の一部が痛くなる人もいれば、精神的に落ち込む人、
とにかく気だるい人など、人によってさまざまです。

この場合、「体の調子が悪いから」と病院に行き、
検査しても「異常ありません」と言われる方が多いんです。
でも、不調なのはたしかなんだから、合点がいきませんよね。

実は私も以前、「自律神経失調症」と言われたことがありました。
そう聞かされた時は正直に言って、自分では納得いかなかったです。
「もっと何か、ほかに病気があるのでは?」と不安になったものです。

でも、健康食品を販売するようになり、理解できました。
いわゆる「未病」と言われる領域があるんですね。

未病というのは、東洋医学の概念に基づいた考え方。

決して健康ではないのだけれど、調子が悪い。
でも、はっきりした病気にかかっているわけではなく、
要は、「病気になる前の段階」ともいえる状態なんですね。

そのため、西洋医学の検査では、異常は発見されませんが、
気をつけないと病気になるかもしれないという、体からのサイン。

自律神経失調症の予防としては、睡眠を十分にとること。
また、休日には運動などをして体をリフレッシュ。さらには、
暴飲暴食をひかえて、規則正しい生活を送ることが大切ですね。

でも……

どれほどの人が、これらをしっかり守ることができるのでしょう?
「なかなかできない!」という方が、多いのではないでしょうか?

いくら早く帰りたいとは思っていても、
仕事が思うようにいかないこともあります。
余儀なく残業ということも多々あると思います。

そんな体調不良な方に、オススメしたいのが、
当社の黒にんにく卵黄油サプリメントなんです!

卵黄油

秋の体調不良には卵黄の栄養を凝縮した卵黄油がオススメ

昔から自律神経にいいと言われる卵黄油。

この卵黄油には、神経伝達物質の元になる、
コリンという成分が含まれています。この働きにより、
自律神経のバランスを良くする効果が期待できるんですね。

私も卵黄油サプリを飲むようになって、
前より自律神経失調症が良くなりました。
おかげで、毎日さわやかな朝を迎えていますよ。

「夏から秋の季節の変わり目になると体調を崩しやすい」
という方は、ぜひお得なサンプルから始めてみてくださいね。

にんにく卵黄と自律神経失調症について、詳しく知りたい方は、
こちらの記事にまとめてみましたので、合わせてお読みください。
参考記事:「にんにく卵黄が、自律神経失調症の解消をサポート!」

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
画像をクリックしていただくと、太陽卵美健のショッピングサイトに移動します。

1 2 3 4 5

オンラインショップ ご購入はコチラ

お得な会員特典

  • お客さまのご感想
  • よくいただくご質問
  • 会社概要について
  • ご質問・お問合せ