症状別による対策と予防 黒にんにく卵黄油サプリは太陽卵美健

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土日・定休日)

役立つ!健康コラム

店長からのお知らせや役立つ情報などをお届け!

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

寒くなってくると増えるのが、冬の体調不良ですね。
ぐっと冷え込む冬は、1年でもっとも体調を崩しやすい季節。
健康に過ごすには、冬の健康管理法を知ることが大切です。

そこで今回は、「代表的な冬の体調不良とは?」
「簡単にできる、冬の健康管理法って何がある?」など、
冬を健康に過ごすための基礎知識をお伝えいたします。

冬の時期に体調不良になる代表的なパターン

冬の体調不良というと、どんな病気を連想しますか?
大きく分けると、3つのパターンに分けることができます。

1)季節性の感染症(風邪・インフルエンザ)
2)感染性胃腸炎(ロタウイルス・ノロウイルス)
3)血行障害(狭心症・心筋梗塞)

マスクと鼻水の女性

特に注意したいのが、冬に流行するノロウイルス胃腸炎。
2012年の冬には、全国的に大流行。猛威をふるいました。
乳幼児は重症化することが多いので、特に注意が必要です。

血行障害は中高年に多い症状。生命の危険にもつながる、
こわい病気ですから、冬の健康管理はなおさら大事ですね。

冬の健康管理:風邪・インフルエンザ対策を

冬の体調管理において大事なことは、風邪を引かないこと。

昔から、「風邪は万病の元」といわれてきました。
たかが風邪、されど風邪。他の病気の引き金にもなります。
冬の健康管理のため、風邪予防をしっかり心がけてくださいね。

※風邪を予防するには?

・おでかけ後の手洗いやうがいを徹底する
・しっかり眠り、疲れやストレスをリセットする
・ビタミンAとCをしっかり摂取する
・重ね着や半身浴などで、体をちゃんと温める

うがいをするときには、もちろん水だけでもいいですが、
塩を加えた「塩うがい」もおすすめですよ。
コップ1杯に塩ひとつまみを目安にしてくださいね。

冬の健康管理:ウイルス胃腸炎にかかる前に

ロタウイルス・ノロウイルス胃腸炎は、別名「お腹の風邪」。
激しい腹痛や下痢と、それに伴う吐き気やおう吐が特徴です。

※ロタ・ノロウイルス胃腸炎を予防するには?

・排便後や、調理や食事の前には十分に手を洗う
・二枚貝(牡蠣類)は、中心部まで十分に加熱する
・家族に感染者がいる場合は、食器衣類などを消毒する

感染力がきわめて強く、ほんのわずかなウイルス量でも発症。
冬の健康管理のためには、しっかり予防したいものです。

冬の健康管理:狭心症・心筋梗塞の予防方法

狭心症や心筋梗塞は、心臓の血管に起きるトラブルが原因。

暖かいところから急に寒いところに移動することで、
血管が収縮して血圧が高くなり、心臓に負担がかかることで、
狭心症や心筋梗塞が起こりやすくなります。

ぬくぬくした家の中から、冷たい風が吹く屋外へ出るときや、
暖房の効いた部屋から、風呂場やトイレに行くときなど、
気温差があるときは、とにかく注意しましょう。

※狭心症・心筋梗塞を予防するには?

・腹八分目、バランスのとれた食事を心がける
・塩分は8g以下、糖分は15g以下、油は15cc以下
・ウォーキングやジョギングなど有酸素運動をする
・血管を細くする恐れがあるので、タバコはやめる
・飲酒は週に3回程度に、休肝日をもうける
・朝起きたときに、コップ1杯の水を飲む
・睡眠を十分にとって、一日の疲れをとっておく

正しい食生活と適度な運動、そして、十分な睡眠。
この3つはやはり、健康を保つ上で基礎になります。

冬の体調不良に悩まされていたら、もったいないですよ。
今回、紹介した冬の健康管理法をぜひ試してみてください。
冬の体調不良とは無縁の、楽しいシーズンとなりますように♪

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
画像をクリックしていただくと、太陽卵美健のショッピングサイトに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

ここのところ、朝晩はめっきりと冷え込むようになり、
冷え症に悩む方は、手足の冷えが気になる季節ですよね。

冷え性の女性

冷え症が長く続くと、膀胱炎や神経痛等にかかりやすく、
さらには、不妊症や流産の原因になるともいわれています。
冷え症の方は早めに対策をして、予防や改善を目指しましょう。

そこで今回は、冷え症改善として覚えておきたい、
今日からできる、冷え症の予防方法をご紹介します。

冷え症対策の前に、冷え症の症状とは?

冷え症対策をするためにも、まずは冷え症とはどういう状態か、
どのような症状が出るのかなど、基礎知識をおさらいしましょう。

※冷え症とは?
秋冬に空気が冷え込む、手足が冷たくなるのは当然のこと。
ただし、外気温の影響以上に、手足の先端が冷え切ってしまい、
慢性的に冷えている状態である場合、「冷え症」と診断されます。

※主な症状は?
肩こり・腰痛・頭痛・腹痛・便秘・不眠・生理痛・のぼせ
体力がなく疲れやすい・手足のむくみ・顔のくすみ・肌荒れ

冷え症になると、いやな痛みが生じるだけではなく、
肌のコンディションが悪くなるなど、美容面でもマイナスが。
さまざまな不調に悩まされますので、冷え症対策は大事ですね!

なぜ冷え症になるの?冷え症の原因

冷え症とは、体温調節がうまく働いていない状態のこと。
人には本来、体温を一定に保つよう調節する機能があります。

だから、多少の気温差があっても大丈夫。血管を収縮させたり、
血液の流れる量を変化させたり、汗をかいたりすることで、
私たちが意識しなくても、体温調整をしてくれるのです。

ところが、さまざまなきっかけが原因や要因となって、
体温調節がうまくいかなくなり、冷え症につながります。

※体温調節が乱れる原因
・自律神経の乱れ、貧血・低血圧などによる血流の低下
・妊娠・出産や更年期によるホルモンバランスの乱れ
・筋肉の発育不良(思春期)、運動不足や喫煙

このような原因により、体内の血行が滞るようになってしまい、
特に、末端の手先や足先が強く冷えるようになってしまうのです。

冷え症は治るの?冷え症対策と改善方法

冷え症の改善方法は、「血行をよくすること」がポイント。
血行を促す食材を積極的に摂り、適度な運動や入浴によって、
身体の先端までしっかりと、新鮮な血を巡らせてあげましょう。

※対策に摂りたい栄養・食材
1)血行を促進する食材
アーモンドやあんこうの肝・豚や鶏・牛のレバーなど

2)身体を温めてくれる食材
にんにく・しょうが・玉ねぎ・人参・小松菜・ごぼうなど

3)血液をきれいにしてくれる食材(アルカリ性食品)
野菜・果物・きのこ類など

※改善のための運動・入浴法
・ぬるいお湯と熱いお湯を交互に浴びる「温冷浴」
・38~40度のぬるま湯に、約30分浸かる「半身浴」
・温まりやすい身体に変えてくれる「ウォーキング」

冷えは万病の元!早めに冷え症を改善するためにも、
今回ご紹介した冷え症対策を、始めてみてくださいね。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
画像をクリックしていただくと、太陽卵美健のショッピングサイトに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

日差しもポカポカ暖かくなり、花が咲いて気分も華やぐ春。
気分もよくなって、新しいことを始めたくなりますよね。

ところが意外と、春は体調不良に悩まされる人が多い季節。
おでかけや新しいことを楽しむためにも、
春の健康管理をしっかりと心がけたいものですね。

そこで今回は、皆さんが春の体調不良に悩まないために、
春の健康管理について、基礎知識や対策をお伝えいたします。
何かと忙しいこの時期を、楽しく元気に過ごしましょう♪

意外と多い!「春の体調不良」の代表的な症状は

まず、春の体調不良とはどのようなものなのか、
春の体調不良の代表的な症状をチェックしてみましょう。

・何となくダルくて、身体が重く感じる
・疲れやすく、休息をとっても疲れがとれない
・十分な睡眠をとっているのに、日中眠くなる
・ちょっとしたことでも、妙にイライラする
・花粉症で、鼻水やくしゃみが止まらない

マスクと鼻水の女性

陽気に包まれて、元気に過ごせそうなイメージがある春。
ところが、意外と春の体調に悩む人は多いものです。

新年度をすっきりとした身体と心で迎えるためにも、
春の体調不良の原因や改善策を知っておきましょう。

春の時期によく体調不良になってしまう原因とは

春の体調不良が起こるのは、主に3つの原因があります。

1)気温・気圧・日照時間の気象変化によるもの

▼気温
春は、寒暖の差が激しい季節。汗ばむような陽気かと思うと、
冬のような寒さが戻ってくるなど、三寒四温を繰り返します。
寒暖の差は身体にストレスをかけ、自律神経も乱れがちに。
その結果、全身の血めぐりが悪くなり、プチ不調が増えるのです。

▼気圧
自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあり、
お互いに対照的な働きをして、身体の調子を整えています。
ところが気圧の変化が激しいと、うまく切り替わらないように。
その結果、「なんとなく調子が悪い」という状態になるんですね。

▼日照時間
春なると、日照時間がぐっと長くなりますね。すると、
これまで冬時間だった体内時計が乱れて、熟睡できない人も。
不眠症のような状態になり、眠っても疲れがとれなくなります。     
また紫外線の量が増えるので、疲労感が出るようですよ。

2)ビタミン類の不足によるもの

ポカポカと心地いい春になると、体内の活動が盛んになります。
エネルギー源となる糖質の代謝には、ビタミンB1をはじめとした
ビタミン類が大量に必要になります。
意識して摂らないとビタミン不足になり、春の体調不良につながります。

3)生活環境の変化によるストレス

春は、進学・就職・転勤などで生活環境が変わります。
慣れない土地での生活への不安、対人関係でのストレスの他、
環境の変化によるストレスも、身体に思わぬ負担をかけています。

……いかがですか?春の体調不良の原因をお伝えしましたが、
「思い当たる内容がある!」という方も多いのでは?
それでは次に、春の健康管理のための対策を説明しましょう。

もう悩まない!手軽な「春の健康管理」の対策法

春を元気に過ごすために、春の健康管理法を3つ紹介します!

1)身体を冷やさない!にんにくなどの「温め食材」を♪

自律神経が乱れると、身体が冷えてしまいがちです。
身体を温めてくれる食材を、意識的に摂るようにしましょう。

白にんにく

にんにくやネギ、生姜などの「温め食材」を使うといいですね。
肉なら鶏、魚なら特に、サバやブリがおすすめです。
味噌も身体を温めてくれるので、生姜やネギたっぷりの、
サバの味噌煮だと、お手軽で良さそうです♪

またビタミン類を多く含む、豚肉・黄緑野菜・豆類も食べて、
バランスのとれた食事をしてくださいね。

2)メリハリが大事!「規則正しい生活」を心がけよう

体内時計の乱れを整えるには、メリハリをつけることが大切。

眠る前に、スマホやテレビの画面を見続けていませんか?
仕事も遊びもめいっぱい頑張ったら、お風呂で疲れをとって、
照明を落とした部屋で、さっと眠るようにしましょう。

ただし、眠りすぎはNG!体内時計をさらに狂わせます。
睡眠の質を改善すれば、「ダラダラ睡眠」は必要ないですよ!

3)簡単ストレッチでOK!「適度な運動」を習慣化しよう

適度な運動は筋肉の活動を強化し、血流を安定させてくれます。
また、汗をかくことで、リフレッシュ感やリラックス効果なども。
心が落ち着き、ストレスの発散にもつながります。
室内でもできる簡単なストレッチを見つけて、毎日続けましょう。

身体を温めるにんにく入り!にんにく卵黄もぜひ

本格的な春まで、あと少し。ポカポカ陽気が待ち遠しいですね。

今回紹介した春の健康管理法を生活にうまく取り入れて、
元気に過ごせる春を迎えてくださいね。

温め食材「にんにく」が入ったにんにく卵黄サプリメントも
もちろん春の健康管理にはバッチリですよ!
自律神経を整えるといわれる卵黄油との相乗効果で、
きっと春の体調不良の悩みを解決してくれるはずです。

何事も早めの対策が肝心!まずはぜひ、お試しサンプルから♪
皆さんが今年の春を、元気いっぱいで過ごせますように!

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
画像をクリックしていただくと、太陽卵美健のショッピングサイトに移動します。

1 2 3 4 5

オンラインショップ ご購入はコチラ

お得な会員特典

  • お客さまのご感想
  • よくいただくご質問
  • 会社概要について
  • ご質問・お問合せ