卵黄油の作り方、ご家庭でも作れる昔ながらの卵黄油

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土日・定休日)

役立つ!健康コラム

店長からのお知らせや役立つ情報などをお届け!

卵黄油の作り方、ご家庭でも作れる昔ながらの卵黄油

テーマ:

2014/07/31

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

奈良時代から民間療法の薬として、親しまれてきた卵黄油(卵油)。
ご家庭ではもちろん、弊社でも40年も前から販売し続けております。

真っ黒なエキスには、レシチンやビタミンEなどの栄養が含まれ、
副作用のない、安心できる健康食品として、昔から愛されてきました。
そこで今回は、ご家庭でも簡単にできる「卵黄油の作り方」を紹介します。

●ご用意するもの

・材料:卵(10~30個)
・道具:鍋・土鍋・木べら・フィルター
・服装:エプロン・マスク・三角巾・軍手

※より新鮮な卵の方が、品質の良い卵黄油ができます。
※臭いや煙がきついので、作業時は注意してください。

●卵黄油の作り方

下準備 1.下準備
お鍋に卵と水を入れ、火にかける。沸騰後、
弱火にして、6~8分かけて、ゆで卵を作る。
細かく砕く 2.細かく砕く
ゆで卵の殻をむき、白身と黄身に分けて、
黄身だけ土鍋に入れ、木べらで細かく砕く。
かき混ぜる 3.かき混ぜる
強火にし、木べらでまんべんなくかき混ぜる。
最後までしっかりかきまわすのがポイント!
黄色の黄身が褐色に変わっていきます。
さらに炒る 4.さらに炒る
こげ茶色になり、泡が出始めたら中火にする。
黄身がフワフワとした、軽い状態になります。
泡がなくなる 5.泡がなくなる
お鍋からこぼれるほどの泡がでて、
さらに炒り続けると、泡がなくなります。
大量の煙が出始め、臭いもきつくなります。
卵黄油の抽出 6.卵黄油の抽出
真っ黒とした油が、にじみ出てきます。
これが卵黄油(卵油)です。弱火にします。
時間が過ぎたら

7.時間が過ぎたら
卵黄油と余分なカスに分かれるので、
土鍋を斜めに傾け、黒いカスを抑えつけ、
しっかりとした固まりにするのがポイント!
黒いカスは、卵にある余分なタンパク質です。

卵黄油の完成 8.卵黄油の完成
しっかり分離したら、火を止めます。
フィルターで2回ほどこし、純度を高め、
お醤油のようなサラサラ卵黄油の完成です!

●保存方法

卵黄油を密閉容器に入れ、常温で保存してください。
冬の時期は、少しどろっとした固まった状態になりますが、
外部との温度差によるもので、卵黄油の品質とは関係ありません。

通常、卵黄油は1年~2年、飲用として利用できますが、
上記期間を過ぎましたら、痔や水虫対策にご活用ください。

以上、ご家庭でも作れる「卵黄油の作り方」をご紹介しましたが、
自然素材で作られる卵黄油は、病気予防や健康維持こそオススメです。
皆さんも興味がありましたら、ぜひ一度、卵黄油を作ってみてくださいね。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
画像をクリックしていただくと、太陽卵美健のショッピングサイトに移動します。

黒にんにく卵黄油はこんな方にオススメです

  • とことん頑張りたいビジネスマンへ
  • 家事や育児で忙しく寝不足のママへ
  • もっと楽しみたい!シニア層世代へ

オンラインショップ ご購入はコチラ

お得な会員特典

  • お客さまのご感想
  • よくいただくご質問
  • 会社概要について
  • ご質問・お問合せ