心とカラダの健康づくり 黒にんにく卵黄油サプリは太陽卵美健

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土日・定休日)

役立つ!健康コラム

店長からのお知らせや役立つ情報などをお届け!

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

青空が広がり、さわやかな風が吹く季節です。
新緑も日に日に濃さを増し、木陰が涼しげですね。

初夏というと「快適で過ごしやすい」という、
イメージを持つ方が多いのではないでしょうか?
でも意外と、初夏は体調を崩しやすい時期なんです。

たとえば、気温が急に上がった日は、
テレビや新聞で熱中症のニュースを見かけますよね。

その理由は、身体がまだ暑さに慣れていないから。
暑さに適応するには、数日から約二週間ほど、
準備期間が必要だと言われています。

身体がスムーズに夏モードに切り替わるよう、
しっかりと初夏の体調管理をしたいものですね。

カギを握るのが、エネルギー作りをサポートし、
疲労回復ビタミンとも呼ばれる「ビタミンB1」です。

ビタミンB1は、豚肉や大豆、玄米に含まれています。
吸収率を上げるためには、にんにくや玉ねぎ、
ネギなどと一緒に摂ることがポイントです。

たとえば、暑くなるこの時期なら、
冷ややっこにネギを乗せて食べるといいですね。
白と緑のコントラストが食欲をそそります。

豚肉と玉ねぎのにんにく炒めも、夏にぴったり!
ごはんが進む、夏のスタミナおかず料理です。

ただし、初夏の体調管理に役立てたい、
ビタミンB1ですが、一つだけ難点があります。

それは「体内の滞在時間が短い」ということ。
水溶性なので、水に溶け出てしまうのです。

夏になると汗をかき、知らない間に、
ビタミンB1を体外に排出してしまいます。
アルコールを分解するときにも使われるので、
普段からお酒など大量に飲む方はなおさらです。

そこで!初夏の体調管理に活用したいのが、
当社の「太陽卵卵黄油黒にんにく」です。

卵黄に含まれている「ビタミンB1」と、
にんにくの有効成分アリシンが結びつくと、
アリチアミンという物質に変化しパワーアップ!

ビタミンB1より強力なビタミンB1になり、
吸収力がぐんと一気にアップします。しかも、
体内に長く滞在して、活躍してくれるんですよ。

ぜひ「太陽卵卵黄油黒にんにく」をご利用になり、
本格的な暑い夏の季節を元気にお過ごしくださいね。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
画像をクリックしていただくと、太陽卵美健のショッピングサイトに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

老化の原因として、よく知られているのは「酸化」
しかし近年は「糖化」が大きな注目を集めています。

活性酸素による酸化は、体のサビにたとえられますが、
糖化は「体のコゲ」いかにも良くなさそうな響きですね。

糖化とは、過剰な糖と体内のたんぱく質が結びつくこと。
その結果として、老化物質が作られてしまうのです。

老化物質は体内で分解されにくい性質があるため、
肌に蓄積されると、しわやたるみの原因になります。
内臓に溜まると、病気の引き金になってしまうのです。

なんと、40代に入る頃から、体内で糖化が進むのだとか。
特にメタボリックシンドロームの方は、糖化反応が強め。
日常生活で糖化をふせぐための対策を心がけましょう。

注目すべきポイントは「食後の血糖値」です。

食事によって急激に血糖値が上がると、糖化が進みます。
この上昇をゆるやかにすることが、最大のポイント!
血糖値を上げすぎない対策をご紹介します。

1)早食いをしない

早食いすると、満腹感を覚える前に食べすぎてしまい、
結果的に血糖値をぐっと上げてしまうため要注意です。

満腹中枢が血糖値の上昇を感じるには、約15分かかります。
食べすぎを防ぐために、最低でも15分以上かけましょう。
ゆっくり噛んで食べると少量でも満腹感が得られます。

2)だらだら食いをしない

長い時間をかけて、だらだら食べ続けるのもNGです。
血糖値が高い状態が続き、糖化のリスクが高まります。

だらだら食いの代表例が「食べ放題」です。
たまのお楽しみ程度なら大丈夫で構いませんが、
頻繁に通い詰めるのは、やめたほうがいいでしょう。

3)自律食べる物を工夫する

食品には、血糖値を急激に上げるものもあれば、
逆に、血糖値の上昇がゆるやかなものもあります。

<急激に上げる食品>
食パン・フランスパン・精白米・うどん・もちなど

<ゆるやかに上昇する食品>
全粒粉パン・玄米・そば・春雨など

食品によって違います。一度調べてみてくださいね。

4)食べる順番を工夫する

食べる順番により、血糖値の上昇がコントロールできます。
まずは、食物繊維豊富な野菜やキノコ類を食べます。
次に、たんぱく質を含む卵や肉、魚類を食べるのが基本です。

洋食の食事なら、最初はサラダから食べましょう。
そしてメインディッシュ、最後にパンやパスタを食べます。

5)食後に運動する

食後に運動をすると、血糖値を効果的に、
下げることが最新の研究から明らかになっています。
食後30分ぐらいを目安に、ウォーキングしてください。

ただし、運動直後に糖分を多く含んでいる、
飲み物を摂ると急激に血糖値が上がってしまいます。
せっかくの運動が無駄にならないよう注意しましょう。

ちなみに、黒にんにく卵黄油サプリには、
血糖値を下げる効果があると言われています。

にんにくの有効成分の一つであるアリシンが、
血中のブドウ糖を処理することで血糖値を下げ、
卵黄に含まれるれ地心が栄養の吸収をスムーズにし、
血糖値を一定に保つ作用があるのです!

黒にんにく卵黄油サプリもうまく活用しながら、
ぜひ「糖化知らず」の身体を目指してくださいね。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
画像をクリックしていただくと、太陽卵美健のショッピングサイトに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

待ちわびた桜も開花し、すっかり春めいてきました。
心地よい空気に誘われて、お出かけしたくなる季節です。

その一方で春は、季節の変わり目ということもあり、
体調不良がいちだんと現れやすい季節でもありますね。
特に気を付けたいのが、普段から高血圧気味の方でしょう。

春は、低気圧と高気圧が交互に日本列島を通過します。
低気圧が近づけば、血圧は上がります。
高気圧が近づくと血圧が下がる……と思いますよね。

ところが、実はその反対!気圧の乱高下を不快に感じ、
むしろ、血圧が上がってしまうことも多いんですよ。
つまり、どんどん上昇しっぱなしになるのです!

私たちの身体は、ある程度の気象変化なら対応できます。
自律神経が働いて、調整してくれるおかげです。

ところが、気圧変動が大きすぎると、
自律神経も対応しきれなくなり、バランスを崩します。
その結果、血圧がぐっと上昇しやすくなるのです。

そこに、日々のストレスが重なったり、
女性ホルモンの減少などの要因が重なったりすると、
ますます自律神経が弱ってしまいます。

なかなか薬では治せないと言われる自律神経ですが、
卵黄油にたっぷり含まれるレシチンがお役に立ちます。

なぜならレシチンは、神経伝達物質アセチルコリンを
作るために欠かせない、大事な栄養素の一つだから。

つまりレシチンは、脳に働きかける頭脳食品!
十分な量のレシチンを摂ることで脳の働きが安定し、
自律神経も健康な状態を保つことができるのです。

高血圧が続くと、さまざまな病気のリスクが生じます。
春を楽しむためにも、早めに予防対策しませんか?
ぜひ、太陽卵卵黄油黒にんにくをご利用ください!

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
画像をクリックしていただくと、太陽卵美健のショッピングサイトに移動します。

1 2 3 4 5

オンラインショップ ご購入はコチラ

お得な会員特典

  • お客さまのご感想
  • よくいただくご質問
  • 会社概要について
  • ご質問・お問合せ