症状別による対策と予防 黒にんにく卵黄油サプリは太陽卵美健

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土日・定休日)

役立つ!健康コラム

店長からのお知らせや役立つ情報などをお届け!

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

今日は、高血圧の予防対策について、お話ししますね。
というのも先日、「高血圧予防のために」と飲み始めながら、
1年前に黒にんにく卵黄油をやめた方からご注文をいただいたから。

お話を聞くと、高血圧の症状が出てきたそう。
「高血圧の予防のためにも、ずっと続けておけば良かったと思っています」
とのこと。季節の変わり目はやはり、高血圧で悩まれる方が多いですよね。

太陽卵卵黄油黒にんにく

黒にんにく卵黄油は、高血圧予防になると言われています。

私の母も、黒にんにく卵黄油を飲み始める前は、
季節の変わり目ごとに寝込む事が多かったのです。
気温の差が激しい季節には、特に高血圧予防が大切ですね。

ただし、高血圧は自覚症状のない方が多いようです。
検診などで血圧を測って、初めて高血圧と診断される方も。
だからこそ普段から、高血圧予防は大事なんですね。

では、高血圧予防は何をすればいいのでしょうか?

1)高血圧予防のための食事

・塩分の摂り過ぎに注意する(レモンや酢、香辛料で調節を)
・食物繊維をたっぷり摂る
・肉などの動物性脂肪を摂り過ぎないこと
・カリウムをしっかり摂る(緑黄色野菜・柑橘類・いも類・チーズ)
・過食による肥満や過度の飲酒をしない
・良質のタンパク質をたっぷり摂る

2)高血圧予防のための運動と入浴

・なるべく体を横たえて休憩する(横になるだけで血圧が下がる)
・血圧が高いときは、できるだけ休養をとる
・お風呂はぬるめのお湯にする
・軽い運動を心がける
・肩や首などのコリを防ぐ体操を意識する

3)高血圧予防に効果的な(血圧を下げる)食材

・柿
・春菊
・玉ねぎ
・セロリ
・にんにく

以上のことに注意すると、
高血圧予防にもなり、改善も期待できると言われています。
安易に薬に頼るより、できるだけ自然治癒力を活用しましょう。

分かってはいるけれど……

そうなんです。頭では分かっているけれど、
「忙しくて」「運動をするのは苦手だし」
「ついつい嗜好品を食べてしまう」と言う方も多いでは?

「高血圧は心配だけれど、なかなか高血圧予防ができない」
という方にお勧めしているのが、黒にんにく卵黄油なんです。

なぜ、黒にんにく卵黄油が高血圧予防にいいのでしょうか?

まずは、黒にんにく。
黒にんにくには、血管を広げて血圧を下げる作用があります。
しかも、つまりの元である血栓が血管内にできるのを防いでくれます。

黒にんにく

青森県産の白にんにくを熟成発酵させた「黒にんにく」

そして、卵黄油。
卵黄油には、血管壁についたコレステロールを溶かして、
洗い流してくれるレシチンが含まれています。

卵黄油

卵黄の栄養をさらにぎゅっと凝縮した健康食品「卵黄油」

血管を広げる黒にんにくと、血管をキレイにする卵黄油。
2つの相乗効果で、高血圧を予防したり、改善を促したりしてくれるのです。

血圧が気になりだしたら、いつでもどこでも飲める、
毎日2粒の黒にんにく卵黄油サプリメントをどうぞ。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
画像をクリックしていただくと、太陽卵美健のショッピングサイトに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

目の下にクマがあると、疲れて見えたり老けて見えたりしますよね。
丁寧にスキンケアしているのに、目の下のクマが改善しないなら、
血行不良が原因なのかもしれません。

そこで今回は、目の下のクマの原因となる血行不良や、
改善に役立つ卵黄サプリメントについて紹介します。

目の下にできるクマには3種類も!

目の下のクマには3種類あり、それぞれ原因が異なります。

・茶グマ …… 紫外線ダメージや化粧品かぶれなど、色素沈着が原因
・黒グマ …… 目の下のたるみやくぼみなどが原因
・青グマ …… 主に血行不良が原因

茶グマとはその名の通り、茶色っぽく見えるクマのこと。

色素沈着が目の下のクマを招く原因ですから、
美白作用を持つ化粧品でケアすることが解消のポイントです。
ビタミンC誘導体入りのアイテムなどを活用しましょう。

黒グマの正体は、目の下のたるみやくぼみによってできる影。
ヒアルロン酸の注射や、余計な脂肪をとるなどの方法が、
影をなくし、黒グマを解消するための対策となります。

青っぽく見える青グマの原因は、目のまわりの血行不良。
目のまわりを通る毛細血管の中で血流が悪くなると、血液が黒ずみ、
薄い皮膚から毛細血管が透け、青っぽく見えてしまうというわけです。

血行不良を招いてしまう原因・対策は?

現代社会で多いのが、血行不良が原因となる青グマです。
目の下のクマ(青グマ)の原因となる血行不良は、
さまざまなきっかけによって引き起こされます。

・睡眠不足
・目の疲れ(長時間のパソコンやスマホ)
・身体の冷え
・バランスの悪い食事
・運動不足

目のまわりには、たくさんの毛細血管が張り巡らされています。
毛細血管の細さは約8マイクロメートル、毛髪の約1/14です。

こんなに細い中で、酸素と二酸化酸素を交換しています。
さらに、栄養と老廃物の受け渡しも行っているのですから、
流れを悪くするきっかけがあれば、すぐうっ血してしまいます。

手軽にできる対策としては、血行を促進するためのマッサージや、
ツボ押し、さらにはホットパックなどがあります。

ホットパックをする場合、市販のホットアイマスクではなく、
タオルを使った、手軽な蒸しタオルでも構いません。

蒸しタオルを作る際は、「500Wの電子レンジで1分」が目安。
濡らしたタオルを電子レンジに入れ、約1分加熱します。
適度に冷ました後、両目の上に乗せて5分ほど温めましょう。

ただし、目の下のクマの原因である血行不良を解消するには、
目のまわりの血行を良くするだけでは不十分です。

全身の血液の流れを良くしなければ、結局は髪の毛よりはるかに
細い毛細血管を通るうちに、またうっ血が起こってしまうため。
目の下のクマ(青グマ)の原因を取り除くためにも、

・目のまわりを温める
・全身の血行を良くする

この二本立てで対策することが大切です。

黒にんにく卵黄油サプリメントが解消サポート!

目の下のクマの原因となる血行不良。その解消に役立つのが、
黒にんにく卵黄油サプリメントです。主な理由をご紹介します。

1:にんにくの有効成分「アリシン」が血行をスムーズに!

黒にんにく卵黄油が血行不良の解消をサポートするのは、
にんにくに含まれる有効成分の一つ、アリシンの働きです。

アリシンというのは、独特のにおいの元となる成分。
にんにくが優れた薬効を発揮するのは、この成分のおかげ。

アリシンの薬効として有名なのは、疲労回復効果や、
コレステロール値減少による生活習慣病予防効果ですが、
実は、「血液の流れを正常にする」という効果もあります。

アリシンには、血行を促進する効果があり、
さらには、血管を押し広げる働きもあるため、
アリシンを摂ることで血行がスムーズになるのです。

2:卵黄油の有効成分「レシチン」が血管をそうじ!

血流が悪くなる原因に血管内の汚れがあります。
部屋を放っておくと汚れが溜まっていくのと同じで、
私たちの血管も実は、多くの汚れがこびりついています。

たとえば、コレステロールは身体にとって大切な脂質ですが、
増えすぎると血管壁に移動して、蓄積してしまう性質があります。

血の通り道が狭くなれば、当然ながら血流は悪くなります。
スムーズに血液が流れるよう、血管内をきれいに保ちたいもの。
そこで役に立つのが、卵黄油の有効成分であるレシチンなのです。

レシチンには、水と油をつなぐ「乳化作用」があります。
そのため、血管にこびりついた悪玉コレステロールを溶かし、
体外へと運び出すサポートをしてくれます。

黒にんにく卵黄油サプリメントには、目の下のクマを引き起こす、
血行不良を解消し、青グマの改善に役立つ効果があります。

もちろん薬ではないため、すぐに効果が実感できるわけではありません。
ただし飲み続けることで、身体の中から少しずつきれいになっていきます。
根本的な青グマ解消のためにも、ぜひ、黒にんにく卵黄油をお試しください!

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
画像をクリックしていただくと、太陽卵美健のショッピングサイトに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

寒くなってくると増えるのが、冬の体調不良ですね。
ぐっと冷え込む冬は、1年でもっとも体調を崩しやすい季節。
健康に過ごすには、冬の健康管理法を知ることが大切です。

そこで今回は、「代表的な冬の体調不良とは?」
「簡単にできる、冬の健康管理法って何がある?」など、
冬を健康に過ごすための基礎知識をお伝えいたします。

冬の時期に体調不良になる代表的なパターン

冬の体調不良というと、どんな病気を連想しますか?
大きく分けると、3つのパターンに分けることができます。

1)季節性の感染症(風邪・インフルエンザ)
2)感染性胃腸炎(ロタウイルス・ノロウイルス)
3)血行障害(狭心症・心筋梗塞)

マスクと鼻水の女性

特に注意したいのが、冬に流行するノロウイルス胃腸炎。
2012年の冬には、全国的に大流行。猛威をふるいました。
乳幼児は重症化することが多いので、特に注意が必要です。

血行障害は中高年に多い症状。生命の危険にもつながる、
こわい病気ですから、冬の健康管理はなおさら大事ですね。

冬の健康管理:風邪・インフルエンザ対策を

冬の体調管理において大事なことは、風邪を引かないこと。

昔から、「風邪は万病の元」といわれてきました。
たかが風邪、されど風邪。他の病気の引き金にもなります。
冬の健康管理のため、風邪予防をしっかり心がけてくださいね。

※風邪を予防するには?

・おでかけ後の手洗いやうがいを徹底する
・しっかり眠り、疲れやストレスをリセットする
・ビタミンAとCをしっかり摂取する
・重ね着や半身浴などで、体をちゃんと温める

うがいをするときには、もちろん水だけでもいいですが、
塩を加えた「塩うがい」もおすすめですよ。
コップ1杯に塩ひとつまみを目安にしてくださいね。

冬の健康管理:ウイルス胃腸炎にかかる前に

ロタウイルス・ノロウイルス胃腸炎は、別名「お腹の風邪」。
激しい腹痛や下痢と、それに伴う吐き気やおう吐が特徴です。

※ロタ・ノロウイルス胃腸炎を予防するには?

・排便後や、調理や食事の前には十分に手を洗う
・二枚貝(牡蠣類)は、中心部まで十分に加熱する
・家族に感染者がいる場合は、食器衣類などを消毒する

感染力がきわめて強く、ほんのわずかなウイルス量でも発症。
冬の健康管理のためには、しっかり予防したいものです。

冬の健康管理:狭心症・心筋梗塞の予防方法

狭心症や心筋梗塞は、心臓の血管に起きるトラブルが原因。

暖かいところから急に寒いところに移動することで、
血管が収縮して血圧が高くなり、心臓に負担がかかることで、
狭心症や心筋梗塞が起こりやすくなります。

ぬくぬくした家の中から、冷たい風が吹く屋外へ出るときや、
暖房の効いた部屋から、風呂場やトイレに行くときなど、
気温差があるときは、とにかく注意しましょう。

※狭心症・心筋梗塞を予防するには?

・腹八分目、バランスのとれた食事を心がける
・塩分は8g以下、糖分は15g以下、油は15cc以下
・ウォーキングやジョギングなど有酸素運動をする
・血管を細くする恐れがあるので、タバコはやめる
・飲酒は週に3回程度に、休肝日をもうける
・朝起きたときに、コップ1杯の水を飲む
・睡眠を十分にとって、一日の疲れをとっておく

正しい食生活と適度な運動、そして、十分な睡眠。
この3つはやはり、健康を保つ上で基礎になります。

冬の体調不良に悩まされていたら、もったいないですよ。
今回、紹介した冬の健康管理法をぜひ試してみてください。
冬の体調不良とは無縁の、楽しいシーズンとなりますように♪

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
画像をクリックしていただくと、太陽卵美健のショッピングサイトに移動します。

1 2 3 4 5

オンラインショップ ご購入はコチラ

お得な会員特典

  • お客さまのご感想
  • よくいただくご質問
  • 会社概要について
  • ご質問・お問合せ