黒にんにくはこんな方に 黒にんにく卵黄油サプリは太陽卵美健

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土日・定休日)

役立つ!健康コラム

店長からのお知らせや役立つ情報などをお届け!

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

がん予防に関する食品の情報を見かけますが、
実は、高い疲労回復効果で知られる黒にんにくにも、
がん予防の効果が期待できるということをご存じでしたか?

現在、日本のがん患者は年々増え続け、死因原因の1位。
決して他人事でなく、「2人に1人はがんになる時代」なんです。

そこで今回は、黒にんにくのがん予防効果について、紹介しますね。

性別や年代で違う!かかりやすいがんの種類

黒にんにくのがん予防効果を説明する前に、
まずは、がんに関する基礎知識をお話しましょう。

一口にがんといっても、かかる部位によって種類はさまざま。
死因別にみると、肺・胃・大腸・肝臓・膵臓がんと続きます。
また性別や年代によって、かかりやすいがんも違います。

男性(40代~):胃・大腸・肝臓がん
男性(70代~):肺・前立腺がん

女性(40代~):乳・子宮・卵巣がん
女性(高齢者) :胃・大腸・肝臓・肺がん

40代を超えると、がんにかかるリスクが高まります。
従来の生活習慣を見直して、がん予防を心がけましょう。

どうしていいの?黒にんにくのがん予防効果

なぜ、黒にんにくにがん予防効果が期待できるかというと、
少し専門的ですが、主にこんな理由などがあげられます。

・抗酸化作用の高い良質な、ポリフェノールが豊富!
・がん細胞を撃退する、S-アリルシスティンを含有!
・がん細胞の増殖を抑える、ジアリルトリスルフィド

また、最先端の技術で広く知られている、
アメリカ国立ガン研究所「デザイナーフーズ」では、
「にんにくはがん予防効果に優れた食材である」という、
にんにくの持つがん予防効果が、科学的に証明されています。

黒にんにくとは、湿度と温度管理のみを行うことで、
およそ1ヵ月かけて、にんにくを熟成醗酵させたもの。

黒にんにく

青森県産の白にんにくを熟成発酵させた「黒にんにく」

にんにくの有効成分はそのままに、S-アリルシスティンや、
ポリフェノールなど、がん予防効果の期待できる成分があり、
これらが、黒にんにくの持つがん予防効果につながるんですね。

毎日2粒を習慣に!黒にんにくをがん予防に

がんの原因については、どんどん研究が進んでいます。

「遺伝子的なものが関係している」「生活習慣が悪いから」
「添加物の摂りすぎが、がんを招いている」などと、
いろいろな理由が指摘されていますよね。

でも、本当の原因は究明できていないそうです。

とはいっても、理想的な生活習慣を心がけることや、
添加物を極力避けることは、がん予防にとって大事。

太陽卵卵黄油黒にんにく

さらに、がん予防効果が期待できる黒にんにくを活用して、
健康的な暮らしを、いつまでも楽しみたいものですよね。

黒にんにくは、がん予防効果が期待できる優秀な食材です。
しかも、黒にんにく卵黄なら、飲むだけなのでお手軽ですよ♪

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
画像をクリックしていただくと、太陽卵美健のショッピングサイトに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

昨日は「大寒」でしたね。
おかげさまで「大寒の卵」も大好評でした。
ご注文くださった皆さま、ありがとうございます。

一年でもっとも寒い日「大寒」も過ぎ、
この厳しい寒さも、もう少しでしょうか?
今年は冷え込んだ日が多いので、春が待ち遠しいですね。

とはいっても、まだまだ冬本番。
そろそろインフルエンザ流行の兆しが
あるようですから、気をつけたいものです。

インフルエンザにかかると、ご存じの通り大変です。
ゾクゾクと悪寒がしたり、頭がガンガン痛んだり。
のどや関節なども痛みますし、高熱が出るのも辛い。

また、気管支炎や肺炎を併発したり、脳炎や心不全になったり……。
そんなこともあるようですから、要注意。

さらに心配なのは、
インフルエンザウイルスには、強力な感染力があるということ。
毎年、冬になるとよく「学級閉鎖」のニュースを耳にしますよね。

インフルエンザには、潜伏期間が1~3日あります。
どういうことかというと、症状が出た時には、
「もう次の人に感染している可能性がある」ということ。

だから、学校のように、
人が集まっている場所は広がり方が早いんですね。

お子さんがインフルエンザにかかると、
大変なのはやはり、看病するママさん。
インフルエンザにかかりたくないからといって、
お子さんの看病を放棄するわけにはいきません。

それどころか、お子さんの看病をしているうちに、
ママ自身も疲れがどっとたまり、免疫力が低下。
気付けばママも……、なんてことも多いんです。

さらに他の家族にうつって、
「家族が全員インフルエンザに…」
なんてことにもなりかねません。

やはり、ママには元気でいてほしいですよね。
そこでお勧めするのが、黒にんにく卵黄油です。

サプリメントの材料となる黒にんにく(主に青森産)は、
温度と湿度の管理だけで、生にんにくを熟成発酵させたもの。

自己発酵させ、熟成・自然乾燥中の「黒にんにく」

自己発酵させ、熟成・自然乾燥中の「黒にんにく」

黒にんにくには有用成分が多く含まれていますが、
その中でも特に注目してほしいのが「アリシン」です。

アリシンには「強い抗菌・抗カビ作用」があり、
インフルエンザの予防にも役立つと言われています。

「お陰さまで風邪もひかず、元気に過ごせています。」
「効果を感じられているので続けたいと思っています。」

このようにお客様が実感できるのも、
栄養豊富な黒にんにくのおかげなんですね。

皆さんもぜひ、黒にんにく卵黄油を飲んで、
普段から「病気しない体づくり」を心がけましょう。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
画像をクリックしていただくと、太陽卵美健のショッピングサイトに移動します。

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

皆さんはにんにくと聞けば、まず、どこの産地を思い浮かべますか?

おそらく多くの方が、「にんにくの名産地といえば青森」と思うことでしょう。
有名な「福地ホワイト六片」をはじめとした、いわゆるブランドにんにくも、
にんにくの一大産地・青森県で収穫されたものが、ほとんどですよね。

ではどうして、「にんにくの産地といえば青森」なのでしょう?

全国の約7割を生産「糖度の高さ」と「白さ」が特長

ところで、市場に出回っているにんにくは、本当に青森県産が多いのでしょうか?

ちなみに現在、全国のにんにく生産量は、年間約2万トンと言われています。
そのうち青森で栽培されているのが、約1万4千トン。およそ7割にものぼります。
しかも、2位の香川県での収穫量は約700トンですから、断トツの多さですよね!

世界中で食べられていることからも分かるように、にんにくは栽培しやすい農産物。
寒い場所のほうが栽培には適していますが、暑い場所でも育てることができます。
熱帯地方の沖縄でも、「島にんにく」というにんにくが栽培されていますよ。

にんにく畑

有機物を豊富に含む土壌で栄養たっぷり「にんにく畑」

あまり産地を選ばないにも関わらず、青森県産が有名な理由とは?

その答えはやはり、「青森県産にんにくの安定した美味しさ」にあります。
にんにくは料理の主役にはなりませんが、隠し味として活躍するサポート役。
その品質が、料理の出来栄えを左右するといっても、決して過言ではありません。

粒が大きく、きれいな白で、コクや甘みもある青森産にんにく。
美味しいにんにくが、青森県で栽培されてきた歴史があったからこそ、
これほどまで「にんにくといえば青森」というイメージが定着したんですね。

このにんにくが美味しいのは、「青森ならではの厳しい寒さ」のおかげ。
にんにくは冬の間、厳しい寒さにぐっと耐えながら、糖度を溜め込みます。
春を迎えれば一気に成長。糖度が高く、身の引き締まったにんにくへと育ちます。

北国ならではの寒さと、越冬のための期間こそが、美味しさの理由なんですね!

有名なブランド「福地ホワイト六片」「たっこにんにく」

日本で最大のにんにく生産地である青森県からは、ブランドにんにくも生まれています。特に有名でよく知られているのが、「福地ホワイト六片」「たっこにんにく」の二つ。
これらのおかげで、「にんにくといえば青森が有名!」といえるかもしれませんね。

では、それぞれの特長について、見てみましょう。

1:福地ホワイト六片

テレビCMや雑誌などでもよく見かける「福地ホワイト六片」とは、
雪のように白く、粒の大きさが特長の、最高級品種のブランドにんにく。

原産地である青森県・福地村(現在は南部町福地地区)の名前と、
雪を思わせるような白さから「福地ホワイト」と名付けられました。

ちなみに、「六片」というのは、粒が大きいことからつけられた名前ですが、
必ずしもにんにく一玉が、6片に分かれているという意味ではありません。
平均すると、一玉あたり4~6片なんだとか。本当に粒が大きいですね!

白黒にんにく

青森県産の白にんにくを熟成発酵させた「黒にんにく」

2:田子(たっこ)町産・たっこにんにく

青森県の中で、特に有名なにんにく産地として知られているのが、田子町。

ここは、八甲田山をはじめとした山々に囲まれて、寒暖の差が激しい盆地の地形。
厳しい寒さを耐え抜くおかげで、田子町のにんにくは糖度がぐっと上がります。
また、有機物を豊富に含む土壌成分のおかげで、栄養もたっぷりなんです。

ちなみに、先ほど紹介した福地ホワイト六片は、隣の旧福地村が原産地。
現在では福地ホワイト六片も、田子町が主な栽培地になっているんですよ!

当店のサプリは、田子町産にんにくを主に使っています!

料理で活躍するだけでなく、疲労回復をはじめとした健康パワーも人気のにんにく。
その歴史は古く、いまから約3000年も前の、古代エジプト時代にさかのぼります。
ピラミッドを建設していた労働者が、にんにくを常用していたそうですよ。

2トン以上の石を約200万個も使い、炎天下の下で進められた建設作業。
そんな現場で、にんにくが疲労回復のためにずっと使われていたのですから、
にんにくの健康パワーがいかにすごいかが、とてもよく分かりますよね。

その後にんにくは、エジプトから地中海を経てギリシャに伝わりました。
日本の歴史に登場するのは、奈良時代のこと。漢方薬として伝わったそうです。
平安物語に書かれた『源氏物語』にも、解熱薬としてにんにくが登場します。

にんにく

数多くの効果で知られるにんにくですが、特に注目すべきは「強い抗酸化力」
にんにくの独特のにおい成分である「アリシン」が活性酸素と強力に結びつき、
老化や生活習慣病の原因となる活性酸素を、除去する効果があると言われています。

もし、抗酸化力などの栄養効果を期待して、にんにくを食べるなら、
生育にすぐれた気温と、豊かな土壌に恵まれて育った青森県産がオススメ!

当店の「太陽卵卵黄油黒にんにく」は、田子町産「たっこにんにく」を中心に、
青森県産の採れたてにんにくを使用。およそ1か月かけて、発酵熟成させています。

毎日のいきいきとした暮らしのために、青森県産のにんにくを料理に、
そして、青森県産にんにくの栄養が、ぎゅっと詰まった黒にんにくサプリを!
にんにくの名産地・青森で採れたにんにくの力を、ぜひお役立てくださいね。

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
画像をクリックしていただくと、太陽卵美健のショッピングサイトに移動します。

1 2 3

オンラインショップ ご購入はコチラ

お得な会員特典

  • お客さまのご感想
  • よくいただくご質問
  • 会社概要について
  • ご質問・お問合せ