寒暖の差で自律神経が乱れる!?寒暖の差で体調を崩す原因

お電話でのご注文もお待ちしています!0120-497-962 受付:9:00~18:00(土日・定休日)

役立つ!健康コラム

店長からのお知らせや役立つ情報などをお届け!

寒暖の差で自律神経が乱れる!?寒暖の差で体調を崩す原因

テーマ:

2014/09/30

みなさん、おはようございます。
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩と申します。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、
朝晩はずいぶんと涼しくなってきましたよね。
でも、日中の暑さは夏のような陽気です。

そう、この時期は寒暖の差が激しいですね。
ひどい時は、日中で10℃以上の開きがあります。
風邪を引きやすくなりますが、体調はいかがですか?

風邪と咳

私たちの体温を調整してくれているのが、
皆さんもよくご存じの「自律神経」です。

でも、自律神経が対応できる温度差はおよそ7℃まで。
それ以上の温度差になると、どうなってしまうのでしょう?
個人差はあるものの、上手に調節できなくなってしまいます。

そのため、今のように気温差が10℃も開くと、
自律神経が悲鳴を上げ始め、バランスを崩しやすくなり、
そこに「冷え」が加わると、自律神経はさらに崩しがちに。

特に女性の方は要注意ですよ。
というのも、女性は男性と比べて筋肉量が少なめ。
だから、体内で熱を作るということが苦手なんです。

女性の方に冷え性が多いのは、主にそういう理由ですね。
さらに、寒暖の差が激しい時期に、冷えが追い打ちをかけ、
自律神経の持つ働きを、乱してしまう場合が多くなるのです。

自律神経が乱れると、免疫力が落ちます。すると、
風邪をひきやすくなり「何となく体がスッキリしない」
など、体調がすぐれないことも増えるんです。

そうならないためにも、
自律神経には元気に働いてほしいですよね!
では、どうすればいいのでしょうか?

ポイントはやはり「温める」こと!

1. ぬるめのお風呂にのんびり入り、リラックスを心がける
2. にんにくや生姜など、体が温まる料理で血行を良くする
3. 防寒用ジャケットを常用し、体を冷やさないようにする

特にこれからの季節は気温がどんどん下がります。
「冷え」には、十分に気をつけたいものです。

寒暖の差が激しく体調を崩しやすい今こそ、
賢く活用してほしいのが、黒にんにく卵黄油!

卵黄油は自律神経を強くする効果が期待できます。
さらに、黒にんにくには保温効果もあります。

体を温め、自律神経のケアをする黒にんにく卵黄油。
この季節にまさにぴったりの、健康サプリメントです!

太陽卵卵黄油黒にんにく

「疲れが取れない」「朝スッキリ起きられない」という方に!

人の体は、約3ヵ月で変わっていくと言われています。
寒暖の差が激しい時期から飲めば、寒い時も元気に過ごせますよ。
冬に体調を崩さないようにするためにも、今から始めてみませんか?

皆さんの元気と、毎日の笑顔を願って贈る、
黒にんにく卵黄油サプリメント「太陽卵卵黄油黒にんにく」
通販ショップ「太陽卵美健」店長の岩でした。今日も頑張ります!

太陽卵卵黄油黒にんにく
画像をクリックしていただくと、太陽卵美健のショッピングサイトに移動します。

黒にんにく卵黄油はこんな方にオススメです

  • とことん頑張りたいビジネスマンへ
  • 家事や育児で忙しく寝不足のママへ
  • もっと楽しみたい!シニア層世代へ

オンラインショップ ご購入はコチラ

お得な会員特典

  • お客さまのご感想
  • よくいただくご質問
  • 会社概要について
  • ご質問・お問合せ